書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 単行本・PCソフト > 地域警察 > すぐに役立つ 地域・刑事警察官犯罪事実記載要領〔第2版〕 ~重要・頻出記載例と詳細解説~

すぐに役立つ
地域・刑事警察官犯罪事実記載要領〔第2版〕
~重要・頻出記載例と詳細解説~

【部内用図書】
・この書籍は書店ではご購入いただけません。
・送付はご所属先のみとなります。

【本書の内容】

窃盗,遺失物横領等の刑法犯,軽犯罪法,酩酊者規制法等に係る事件送致に必要な犯罪事実記載例を収録し,解説も充実。『すぐに役立つ 地域警察官一件書類記載例集』の姉妹書。


【本書のポイント】

●地域・刑事警察官の事件送致に必要な犯罪事実記載例を,この1冊に集約!

軽微事件を中心に,重要犯罪等も加えて,窃盗,強盗,暴行,傷害,遺失物等横領,公務執行妨害,住居侵入,器物損壊,公然わいせつ,軽犯罪法(1条1号~34号),ピッキング防止法,銃刀法,酩酊者規制法,入管法,売春防止法,風営法,迷惑防止条例等の記載例を収録。「最低限かつ必要十分」をマスター!

●現職の東京区検察庁上席の検察官兼総務部長が監修!

実務に精通した東京区検察庁上席の検察官である殿井憲一総務部長(前刑事部長)の監修だから,ダイレクトに役立つ! 生安担当警察官にも手にとってもらいたい一冊。

●すぐ使える記載例&基礎から学ぶ法令解釈のコラボレーション!

本書は,犯罪類型ごとに「法令解釈→犯罪事実記載例→記載例をもとに詳しく解説」という構成で,確実に実力アップ! 具体例,参考判例・条文,他罪との関係,補足事項等を丁寧に解説。

著者
:地域・刑事実務研究会 編著
定価
:¥1,620 (本体 :¥1,500)
ポイント
:15 P
発売日
:2018年10月
ISBN
:書店不扱:管理コード14004
Cコード
判型
:A5 並製
ページ数
:288
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

書籍についてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

目   次
監修のことば

第1章 犯罪事実記載要領
1 犯罪事実とは何か
2 犯罪事実の一般的記載要領
3 犯罪事実記載上の一般的留意事項
4 犯罪事実記載におけるポイント
5 犯罪事実記載における被疑者や被害者に係る記載
6 犯罪事実が複数ある場合
7 被疑者が複数の場合について
8 罪名及び罰条の記載方法

第2章  刑法犯犯罪事実記載例(窃盗・傷害・暴行・遺失物等横領等)
第1 窃盗罪と強盗罪 9事例
1 窃盗罪(刑法第235条)
2 「他人の財物」とは
3 「窃取」とは
4 故 意
5 不法領得の意思
6 親族相盗例

第2 暴行罪と傷害罪 8事例
1 暴行罪(刑法第208条)
2 傷害罪(刑法第204条)

第3 (地域)横領罪 3事例
1 横領罪(刑法第252条)
2 地域警察官の取り扱う横領罪
3 遺失物等横領罪(刑法第254条)
4 窃盗罪と遺失物等横領罪の分水嶺

第4 公務執行妨害罪 6事例
1 公務執行妨害罪(刑法第95条第1項)
2 「公務員」とは
3 「職務を執行するに当たり」とは
4 「暴行又は脅迫」とは
5 故 意
6 業務妨害罪(第233条,第234条)との関係

第5 住居侵入罪 3事例
1 住居侵入罪(刑法第130条)
2 住居侵入罪解説

第6 器物損壊等 3事例
1 器物損壊等(刑法第261条)

第7 公然わいせつ罪 3事例
1 公然わいせつ罪解説
2 捜査上の留意事項

第3章 軽犯罪法犯罪事実記載例 33事例
1 軽犯罪法とは
2 第1条(罪)
3 第2条(刑の免除・併科)
4 第3条(教唆・幇助)
5 第4条(適用上の注意)

第4章  特別法犯罪事実記載例(ピッキング防止法・銃刀法・酩酊
者規制法・入管法・売春防止法・風営法)
第1 特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律(ピッキング防止法)3事例          
1 ピッキング防止法とは
2 特殊開錠用具の所持の禁止
3 指定侵入工具の隠匿携帯の禁止

第2 銃砲刀剣類所持等取締法 5事例
1 銃刀法とは
2 銃砲刀剣類の所持の禁止
3 銃砲刀剣類に準ずるものについての規制

第3 酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律(酩酊者規制法)3事例           
1 酩酊者規制法とは
2 実務上の留意事項
3 保 護

第4 出入国管理及び難民認定法(入管法)3事例
1 入管法とは
2 出入国管理制度の概要
3 外国人取扱い時の留意事項・着眼点

第5 売春防止法 3事例
1 売春防止法とは
2 勧誘等(第5条)
3 周旋等(第6条)
4 売春をさせる契約(第10条第1項)
5 場所の提供(第11条)

第6 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法) 2事例           
1 風営法とは
2 平成27年改正法のポイント
3 風営法の規制対象となる主な業種
4 主な違反態様

第5章  迷惑防止条例違反犯罪事実記載例(卑わい行為・客引き・スカウト等) 6事例
第1 卑わい行為
1 はじめに
2 卑わい行為

第2 客引き・スカウト行為等 6事例
1 客引き・スカウト行為等の概要

ページトップへ