書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 月刊誌 > 警察学論集 > 2018年 警察学論集2018年2月号 (71巻2号)

2018年
警察学論集2018年2月号
(71巻2号)

幹部としての洞察力と管理能力を向上させるために
新法・施策・警察事象・判例をいち早く解説

今月号の主な内容

<社会安全フォーラム>我が国のサイバー犯罪対策の現状とこれから
~プロアクティブな被害防止対策の推進に向けて~
警察政策研究センター

いわゆる混雑電車内の痴漢事件と警察捜査のあり方について
東京地方検察庁公判部副部長 茂木善樹

他、多数掲載!

  • Fujisan.co.jpで購入
定価
:¥1,300
発売日
:2018年02月
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

警察学論集についてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

<社会安全フォーラム>我が国のサイバー犯罪対策の現状とこれから
~プロアクティブな被害防止対策の推進に向けて~
警察政策研究センター

<基調講演①>ボットネットインフラとの戦い~アバランチ・テイクダウン作戦~
フラウンホーファー研究機構研究員 サーシャ・アレクサンダー・ヨーペン

<基調講演②>ボットネットテイクダウン作戦とサイバー犯罪対策におけるその他の国際的な取組
デビボイス&プリンプトン法律事務所パートナー ルーク・デンボスキー

<講演>我が国におけるサイバー犯罪の被害防止対策の現状と課題
~ボットネット対策を中心に~
前警察庁生活安全局情報技術犯罪対策課長・警察庁交通局交通規制課長 今村剛

<パネリスト発表①>ボットネットのテイクダウン~プロアクティブな対応と法的課題~
首都大学東京都市教養学部法学系教授 星周一郎

<パネリスト発表②>サイバー犯罪被害防止と情報法制上の課題
情報セキュリテイ大学院大学学長補佐・情報セキュリティ研究科教授 湯淺墾道

<パネルディスカッション(討論)概要>


ボットネットのテイクダウンの法的許容性―米国の議論を中心に―
首都大学東京都市教養学部法学系教授 星周一郎

いわゆる混雑電車内の痴漢事件と警察捜査のあり方について
東京地方検察庁公判部副部長 茂木善樹

警察幹部のための刑事法擬律判断 第8回 性犯罪
法務総合研究所研究部総括研究官 粟田知穂

刑事判例研究
法務省大臣官房司法法制部参事官 山口貴亮

バックナンバー

警察公論
警察公論
警察学論集
警察学論集
治安フォーラム
治安フォーラム
ケータイSA研究
ケータイSA研究

ページトップへ