書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 単行本・PCソフト > 憲法 > 憲法逐条注解 〔補訂版〕

憲法逐条注解
〔補訂版〕

実務家が捜査実務家のために執筆した,憲法の逐条解説

「公務員としての憲法解釈」に役立つよう,「国会審議で表明された政府見解」と「判例」を極力引用してまとめ、問題の所在、考え方に適切な解釈を与える。

昇任試験と警察実務のどちらにも役立つ,パーフェクトな一冊

犯罪捜査の実務に当たる警察官のための解説書だから,分かりやすくポイントを押さえている。憲法の基礎学習と昇任試験対策に最適な,まさに警察官必携のバイブル。

  • 楽天で購入
  • amazonで購入
  • hontoで購入
著者
:村上尚文/元帝京大学法学部教授,元広島高等検察庁検事長
定価
:¥1,944 (本体 :¥1,800)
ポイント
:18 P
発売日
:2017年03月
ISBN
:978-4-8037-2120-1
Cコード
:C3032
判型
:A5 
ページ数
:442
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

書籍についてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

はしがき
新訂版のはしがき
補訂版のはしがき

序論

第一 憲法の意味、概念
第二 憲法の種類
第三 日本国憲法の制定

前文

第一章 天皇

第一条 天皇の地位・国民主権
第二条 皇位の継承
第三条 天皇の国事行為に対する内閣の助言と承認
第四条 天皇の権能の限界、天皇の国事行為の委任
第五条 摂政
第六条 天皇の任命権
第七条 天皇の国事行為
第八条 皇室の財産授受

第二章 戦争の放棄

第九条 戦争の放棄、軍備及び交戦権の否認

第三章 国民の権利及び義務

第一〇条 国民の要件
第一一条 基本的人権の享有
第一二条 自由・権利の保持の責任とその濫用の禁止
第一三条 個人の尊重と公共の福祉
第一四条 法の下の平等、貴族の禁止、栄典
第一五条 公務員の選定及び罷免の権、公務員の本質、普通選挙の保障、秘密投票の保障
第一六条 請願権
第一七条 国及び公共団体の賠償責任
第一八条 奴隷的拘束及び苦役からの自由
第一九条 思想及び良心の自由
第二〇条 信教の自由
第二一条 集会・結社・表現の自由,通信の秘密
第二二条 居住・移転及び職業選択の自由,外国移住及び国籍離脱の自由
第二三条 学問の自由
第二四条 家族生活における個人の尊厳と両性の平等
第二五条 生存権,国の社会的使命
第二六条 教育を受ける権利,教育の義務
第二七条 勤労の権利及び義務,勤労条件の基準,児童酷使の禁止
第二八条 勤労者の団結権
第二九条 財産権
第三〇条 納税の義務
第三一条 法定の手続の保障
第三二条 裁判を受ける権利
第三三条 逮捕の要件
第三四条 抑留・拘禁の要件,不法拘禁に対する保障
第三五条 住居の不可侵
第三六条 拷問及び残虐刑の禁止
第三七条 刑事被告人の権利
第三八条 自己に不利益な供述,自白の証拠能力
第三九条 遡及処罰の禁止・一事不再理
第四〇条 刑事補償

第四章 国会

第四一条 国会の地位・立法権
第四二条 両院制
第四三条 両議院の組織
第四四条 議員及び選挙人の資格
第四五条 衆議院議員の任期
第四六条 参議院議員の任期
第四七条 選挙に関する事項
第四八条 両議院議員兼職の禁止
第四九条 議員の歳費
第五〇条 議員の不逮捕特権
第五一条 議員の発言・表決の無責任
第五二条 常会
第五三条 臨時会
第五四条 衆議院の解散・特別会,参議院の緊急集会
第五五条 資格争訟の裁判
第五六条 定足数,表決
第五七条 会議の公開,会議録,表決の記載
第五八条 役員の選任,議院規則・懲罰
第五九条 法律案の議決,衆議院の優越
第六〇条 衆議院の予算先議,予算議決に関する衆議院の優越
第六一条 条約の承認に関する衆議院の優越
第六二条 議院の国政調査権
第六三条 閣僚の議院出席の権利と義務
第六四条 弾劾裁判所

第五章 内閣

第六五条 行政権
第六六条 内閣の組織,国会に対する連帯責任
第六七条 内閣総理大臣の指名,衆議院の優越
第六八条 国務大臣の任命及び罷免
第六九条 内閣不信任決議の効果
第七〇条 総理の欠缺・新国会の召集と内閣の総辞職
第七一条 総辞職後の内閣
第七二条 内閣総理大臣の職務
第七三条 内閣の職務
第七四条 法律・政令の署名
第七五条 国務大臣の特典

第六章 司法

第七六条 司法権・裁判所,特別裁判所の禁止,裁判官の独立
第七七条 最高裁判所の規則制定権
第七八条 裁判官の身分の保障
第七九条 最高裁判所の裁判官,国民審査,定年,報酬
第八〇条 下級裁判所の裁判官・任期・定年,報酬
第八一条 法令審査権と最高裁判所
第八二条 裁判の公開

第七章 財政

第八三条 財政処理の基本原則
第八四条 課税
第八五条 国費の支出及び国の債務負担
第八六条 予算
第八七条 予備費
第八八条 皇室財産・皇室の費用
第八九条 公の財産の支出又は利用の制限
第九〇条 決算検査,会計検査院
第九一条 財政状況の報告

第八章 地方自治

第九二条 地方自治の基本原則
第九三条 地方公共団体の機関,その直接選挙
第九四条 地方公共団体の権能
第九五条 特別法の住民投票

第九章 改正

第九六条 改正の手続,その公布

第十章 最高法規

第九七条 基本的人権の本質
第九八条 最高法規,条約及び国際法規の遵守
第九九条 憲法尊重擁護の義務

第十一章 補則

第一〇〇条 憲法施行期日,準備手続
第一〇一条 経過規定――参議院未成立の間の国会
第一〇二条 経過規定――第一期の参議院議員の任期
第一〇三条 経過規定――公務員の地位

◯ 本文の注
◯ 大日本帝国憲法
◯ 世界人権宣言
◯ 判例索引
◯ 事項索引

ページトップへ