書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 単行本・PCソフト > 法学・その他 > 警察政策  第19巻

警察政策 
第19巻

本書の内容
警察政策学会会員の研究成果を中心に警察政策に関する研究論文等を多数収録した学会誌。

  • 楽天で購入
  • amazonで購入
  • hontoで購入
著者
:警察政策学会 編
定価
:¥2,592 (本体 :¥2,400)
ポイント
:24 P
発売日
:2017年03月
ISBN
:978-4-8037-0033-6
Cコード
判型
:A5 
ページ数
:276
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

書籍についてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

第19回シンポジウム
「人口急減時代における安全安心の確保と警察の課題」

基調講演Ⅰ 
人口減少時代における市民社会の安心安全 森田 朗(国立社会保障・人口問題研究所所長)

基調講演Ⅱ 
セーフコミュニティで安全・安心まちづくり
~消滅可能性都市から持続発展都市へ~ 高野之夫(東京都豊島区長)

パネルディスカッション
竹内直人(元警察大学校長) 
河合雅司(産経新聞社論説委員) 
池本美香(日本総合研究所主任研究員) 
櫻井敬子(学習院大学法学部教授) 
河合 潔(警察政策研究センター所長) 
森田 朗(国立社会保障・人口問題研究所所長) 
城山佳胤(豊島区長代理 豊島区政策経営部長)


論 説
フランスにおけるジハーディストの「過激化」とムスリム移民の統合等に関する一考察
―フランス議会報告書の検討を中心に― 岡部正勝(慶応義塾大学総合政策学部教授)

「ハワラ」の問題と規制上の課題 桐ヶ谷政行(神奈川県栄警察署)

「暴力団」という呼称について(大正末期~昭和戦前期) 廣瀬 權(警察政策学会警察史研究部会員)

セーフコミュニティ国際認証5年を顧みて
~今、求められる「地域力と絆の再生」のために~ 岩澤栄一(前神奈川県厚木市危機管理部長)

少年警察活動の展開と現在の課題 横山實(國學院大學名誉教授)

いわゆる「JKビジネス」の現状と対策 内海裕子(警察政策研究センター教授)

東日本大震災後の電気通信事業者の災害対策 田窪弘之(警察庁情報通信局情報通信企画課)

警察情報通信の発注者エンジニアリング
 ~ターゲット発見システムの実現に向けて 澤田雅之(澤田雅之技術士事務所所長 元警察大学校警察情報通信研究センター所長)


資料 学会短信

ページトップへ