書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 単行本・PCソフト > 刑法 > 新時代における刑事実務

新時代における刑事実務

本書のポイント

●ロースクールや司法修習では学べない刑事実務を分かりやすく解説!

 ロースクールや司法修習では十分に学ぶ機会がないが法曹として理解しておかねばならない刑事実務の様々な論点につき,裁判所,検察庁,法務省矯正局,同省保護局等の刑事司法の最前線で活躍する実務者がその最前線を分かりやすく紹介した法曹必携の一冊!

●刑事実務最前線の論点等に果敢に踏み込んだ画期的な一冊!

 新時代の最前線論点(司法面接,刑の一部執行猶予,犯罪被害者支援,社会復帰支援等)のみならず,実務家が困難に直面しやすい諸論点(サイバー犯罪,薬物携行輸入事犯の故意,責任能力,犯罪被害財産等)に果敢に踏み込んだ画期的な一冊!

●判事,検事,法務官僚等,現役実務家18人の執筆による「3編構成の珠玉21論文」!

 【捜査・公判一般】編では,「科学的証拠」,「サイバー犯罪」,「司法面接」,「責任能力」,「違法収集証拠」,「犯罪被害財産」,「刑の一部執行猶予」等を掲載!
【裁判員裁判・公判前整理】編では,「証拠開示」,「争点整理」,「証人尋問・被告人質問」,「冒頭陳述・論告・弁論」等を掲載!
【刑事政策】編では,「犯罪被害者支援」,「犯罪者社会復帰支援」,「矯正・保護の実務」を掲載!

  • 楽天で購入
  • amazonで購入
  • hontoで購入
著者
:編集代表 法務省大臣官房審議官 髙嶋 智光
編集委員 東京地方裁判所判事 園原 敏彦,法務総合研究所研修第一部長 清野 憲一
定価
:¥3,456 (本体 :¥3,200)
ポイント
:32 P
発売日
:2016年12月
ISBN
:978-4-8037-2485-1
Cコード
:C3032
判型
:A5 並製
ページ数
:512
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

書籍についてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

はしがき
凡   例

【捜査・公判一般】

第1 客観証拠・科学的証拠の収集 内藤 惣一郎
1 はじめに… ………………………………………………………………… 3
2 客観証拠の種類… …………………………………………………………… 4
3 客観証拠収集の範囲及びこれが問題となった具体的事例… …………… 6
4 客観証拠収集の隘路… …………………………………………………… 10
5 防犯カメラ捜査について… ……………………………………………… 18
6 おわりに… ……………………………………………………………… 26

第2 サイバー犯罪と犯人性立証 倉持 俊宏
1 はじめに… ……………………………………………………………… 27
2 サイバー犯罪とは… ……………………………………………………… 28
3 サイバー犯罪捜査の失敗事例… ………………………………………… 30
4 サイバー犯罪における犯人性立証の要点… …………………………… 36
5 おわりに… ……………………………………………………………… 44

第3 年少者の取調べ(司法面接) 佐久間 佳枝
1 はじめに… ……………………………………………………………… 45
2 年少者の特性と面接の課題… …………………………………………… 47
3 司法面接的手法による事情聴取… ……………………………………… 51
4 実際の面接方法… ………………………………………………………… 58
5 おわりに… ……………………………………………………………… 58

第4  責任能力と精神鑑定 髙嶋 智光
1 はじめに… ……………………………………………………………… 59
2 責任能力とは… …………………………………………………………… 60
3 責任能力の存否を推認させる事情… …………………………………… 67
4 精神鑑定の要否… ………………………………………………………… 72
5 鑑定人の選任… …………………………………………………………… 83
6 鑑定資料… ……………………………………………………………… 84
7 鑑定嘱託事項… …………………………………………………………… 86
8 証人(鑑定人)尋問… …………………………………………………… 87
9 最 後 に… ……………………………………………………………… 90

第5  いわゆる受け子の故意に関する捜査とその立証について 加藤 経将
1 はじめに… ……………………………………………………………… 91
2 オレオレ詐欺の実態… …………………………………………………… 93
3 従来型の犯意立証とその限界について… ……………………………… 98
4 裁判の動向について… ……………………………………………………100
5 これからの犯意立証の在り方について… ………………………………104
6 被害者が詐欺を看破後に加功した受け子の行為の実行行為性… ……113
7 おわりに… ………………………………………………………………117

第6  覚醒剤密輸入(携行型)事件における故意に関する捜査とその立証 髙嶋 智光
1 はじめに… ………………………………………………………………119
2 覚醒剤密輸入事件の特徴… ………………………………………………120
3 故意を推認させる事情… …………………………………………………129
4 故意の推認に必要となる経験則… ………………………………………131
5 故意の推認を妨げる事実の主張… ………………………………………137
6 ま と め… ………………………………………………………………142
7 最 後 に… ………………………………………………………………144

第7  違法収集証拠排除法則の展開 安東 章
    (覚せい剤事犯における被疑者の留め置きを中心として)
1 はじめに… ………………………………………………………………145
2 違法収集証拠排除法則… …………………………………………………145
3  覚せい剤事犯における被疑者の留め置きの適法性が争われた
 裁判例… ………………………………………………………………………148

第8  犯罪被害財産の没収・追徴 濵田 裕嗣
1 はじめに… ………………………………………………………………163
2 犯罪被害財産に関する制度の概要等… …………………………………164
3 犯罪被害財産であることの認定について… ……………………………168
4  犯罪被害財産を没収・追徴することの判決における明示方法に
 ついて… ………………………………………………………………………176
5 被害回復給付金の支給手続について… …………………………………179
6 おわりに… ………………………………………………………………182

第9  刑の一部執行猶予 園原 敏彦,江見 健一
1 はじめに… ………………………………………………………………183
2 刑の一部執行猶予とはどのような刑か… ………………………………183
3 刑の一部執行猶予の法的性質… …………………………………………185
4 刑の一部執行猶予の要件及びその判断方法… …………………………189
5 刑の一部執行猶予の判断の実際… ………………………………………198
6 公判審理… ………………………………………………………………206
7 おわりに… ………………………………………………………………208

【公判前整理手続・裁判員裁判】

第10  公判前整理手続の在り方 清野 憲一
1 はじめに………………………………………………………………211
2 公判前整理手続の迅速化について……………………………………211
3 公判前整理手続における争点の的確な整理について………………216

第11  争点整理・求釈明及び審理計画策定の在り方 齊藤 啓昭
1 はじめに………………………………………………………………225
2 争点と証拠を整理する目的……………………………………………227
3 従来の争点整理の運用…………………………………………………228
4 自白事件や単純な否認事件の争点整理の現状………………………229
5 複雑困難な事件の争点整理の課題……………………………………230
6 争点整理に当たる裁判所の問題………………………………………231
7 争点と証拠の整理に臨む裁判所の役割………………………………232
8 争点整理の具体的課題…………………………………………………234
9 求 釈 明………………………………………………………………236
10 審理計画の策定… ………………………………………………………237
11 おわりに… ……………………………………………………………240

第12  裁判員裁判における立証の在り方 築 雅子
1 はじめに………………………………………………………………241
2 裁判員裁判における立証の在り方……………………………………241
3 統合捜査報告書作成の一般的留意点…………………………………244
4 立証事項に応じた統合捜査報告書作成の留意点……………………246
5 法廷における書証等の取調べにおける留意点………………………252
6 おわりに………………………………………………………………253

第13  裁判員裁判における証人尋問・被告人質問の在り方 清野 憲一
1 はじめに………………………………………………………………255
2  裁判員裁判の直接主義・口頭主義・公判中心主義的運用に
 ついて………………………………………………………………………257
3 「調書を示す反対尋問」について… ……………………………………265
4  「見て聴いて分かりやすい裁判員裁判」のための証人尋問・
 被告人質問の在り方………………………………………………………269

第14  裁判員裁判が捜査に与える影響 清野 憲一
1 はじめに………………………………………………………………291
2  裁判員裁判法制定から施行準備期間における取調べや供述
 調書に関する議論の状況…………………………………………………293
3 裁判員制度開始後の環境変化及びこれが捜査に与える影響………295
4  裁判員制度開始後の環境変化を踏まえた取調べ及び供述調書
 作成の在り方………………………………………………………………313

第15  裁判員裁判時代における控訴審と第一審 秋山 実
1 はじめに………………………………………………………………329
2 裁判員裁判による第一審の判断に対する控訴審の裁判の
 状況…………………………………………………………………………330
3 控訴審の構造と控訴審における審理の実情…………………………330
4 裁判員裁判時代における控訴審の基本的な在り方…………………334
5 裁判員裁判と事実誤認の審査…………………………………………336
6 控訴審における事実の取調べ…………………………………………344
7 裁判員裁判と量刑不当の審査…………………………………………348
8 裁判員裁判と法令違反…………………………………………………352
9 おわりに………………………………………………………………354

第16  裁判員裁判における冒頭陳述と論告・弁論 清野 憲一
1 はじめに………………………………………………………………355
2 裁判員制度開始前における運用改善に向けた取り組み……………356
3 いわゆる「思わせぶり冒陳」… …………………………………………361
4  「裁判員裁判における量刑評議の在り方」及び
 最判平成26 年7月24 日が論告・弁論に及ぼす影響… ………………364
5 間接事実立証型の否認事件における冒頭陳述・論告について……374
6 論告におけるその他の留意点…………………………………………381
7 検察官による冒頭陳述・論告に関する今後の課題…………………383

【刑事政策(犯罪被害者支援・犯罪者社会復帰支援)】

第17  犯罪被害者等支援施策の現状 永井 孝治
1 はじめに………………………………………………………………391
2 犯罪被害者等支援施策の進展の背景…………………………………392
3 一般的な施策……………………………………………………………394
4 捜査段階における施策…………………………………………………401
5 公判段階における施策…………………………………………………402
6 刑事裁判等終了後の段階における施策………………………………406
7 結びにかえて……………………………………………………………408

第18  犯罪をした者の社会復帰支援について 福原 道雄
     (主に捜査・公判に関与する関係者の理解に資するために)
1 はじめに………………………………………………………………409
2 再犯の現状について……………………………………………………411
3 再犯をめぐる政府の総合的な取組の経緯及び内容…………………415
4  刑事司法手続の全体的な流れから見た「入口支援」と
 「出口支援」について… ……………………………………………………417
5  住居支援及び就労(仕事確保)支援に関わる各機関ないし
 関係者について……………………………………………………………419
6 入口支援について………………………………………………………422
7 出口支援について………………………………………………………425
8 犯罪をした者の社会復帰支援における課題について………………427
9 おわりに………………………………………………………………429

第19  矯正処遇の実情及び更生保護との連携 橋口 英明
1 はじめに………………………………………………………………431
2 矯正処遇一般……………………………………………………………432
3 薬物犯罪者の処遇………………………………………………………436
4 性犯罪者の処遇…………………………………………………………439
5 精神障害者の処遇………………………………………………………442
6 高齢者の処遇……………………………………………………………443
7 少年受刑者の処遇………………………………………………………446
8 更生保護との連携………………………………………………………450

第20  少年院における処遇と少年の更生〜矯正教育と社会復帰支援を中心に 名執 雅子
1 はじめに………………………………………………………………451
2 少年院送致に至る手続と在院者の特徴………………………………453
3 少年院法の概要…………………………………………………………455
4 体系的な矯正教育の実現………………………………………………459
5 矯正教育の具体的内容 〜実務の現状を中心に……………………461
6 少年はどのように変容し,立ち直るのか……………………………464
7 社会復帰支援の運用 〜必要性と難しさ……………………………466
8 今後の課題と展望………………………………………………………469

第21  新時代の刑事司法と保護観察 今福 章二
1 はじめに………………………………………………………………473
2 更生保護制度改革の方向性……………………………………………474
3 仮釈放の実務……………………………………………………………475
4 保護観察の実務…………………………………………………………478
5 新時代の刑事司法における更生保護の課題…………………………489
6 おわりに………………………………………………………………494

編集代表・編集委員・執筆者紹介 …………………………………………………………… 495

ページトップへ