書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 単行本・PCソフト > 総務・管理 > 警察政策 第18巻

警察政策
第18巻

警察政策学会会員の研究成果を中心に警察政策に関する研究論文等を多数収録した学会誌。

  • 楽天で購入
  • amazonで購入
  • hontoで購入
著者
:警察政策学会 編集・発行
定価
:¥2,484 (本体 :¥2,300)
ポイント
:23 P
発売日
:2016年03月
ISBN
:978-4-8037-0032-9
Cコード
:C3332
判型
:A5 並製
ページ数
:252
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

書籍についてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

警察政策学会第18回シンポジウム「社会変化に対応する警察活動」
基調講演
前田 雅英(日本大学大学院法務研究科教授)
パネルディスカッション
松尾 庄一(元近畿管区警察局長)
辻 義之(警察庁生活安全局長)
倉田 潤(元警察庁交通局長)
露木 康浩(警察庁長官官房審議官)
野口 貴公美(中央大学法学部教授)
星 周一郎(首都大学東京都市教養学部法学系教授)

論   説
「警察の正統性」理論と「手続き的公正」理論
小林 良樹(警察大学校警務教養部長)
二つの警察改革―戦後と平成
松尾 庄一(元近畿管区警察局局長)
リモート・アクセスと令状原則
劉 芳伶(東京大学法学博士・〔台湾〕東海大学法律学院法律学系助教授)
日本警察による途上国に対する地域警察活動普及支援について
四方 光(警察庁長官官房国際課長)
工藤會対策
猪原 誠司(警察庁暴力団対策課長)
これまでの道交法改正の成功の鍵と27 年道交法改正法の施行に向けた課題について
那須 修(交通教養部長兼警察政策研究センター政策調査官)
米国国家安全保障庁のシギント収集プラットフォーム―通信基幹回線からの収集
茂田 忠良(日本大学総合科学研究所教授)
警察情報システムへのリモートアクセス等に関する一考察
堀内 雄人(警察庁情報通信局情報管理課)
暗号関係技術の最近の動向と警察活動等に対する影響に関する一考察について
岡野 孝子(警察大学校警察情報通信研究センター助教授)
多賀 文吾(警察大学校警察情報通信研究センター助教授)

雑   録
追悼―鶴木眞先生
学会短信

ページトップへ