書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 単行本・PCソフト > 刑事訴訟法 > 令状請求ハンドブック

令状請求ハンドブック

令状主義の要件とその方式の解説を主題としつつ,令状主義の本質から強制捜査全般にわたる概説書ともなっている。一問一答方式で,限られた時間的制約下の適正捜査に資する。

  • 楽天で購入
  • amazonで購入
  • hontoで購入
著者
:司法研修所上席教官(検察教官室) 廣上克洋 編
定価
:¥2,052 (本体 :¥1,900)
ポイント
:19 P
発売日
:2014年06月
ISBN
:978-4-8037-2474-5
Cコード
:C3032
判型
:A5 並製
ページ数
:272
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

書籍についてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

はしがき
凡 例

第1章 総 説
 1 令状主義とその例外
 2 令状の法的性格
第2章 逮 捕
 3 逮捕の意義
 4 「逮捕の理由」の意義
 5 「逮捕の必要」の意義
 6 通常逮捕の制限
 7 逮捕状の有効期間
 8 逮捕状の請求
 9 逮捕状請求書(甲)の記載要領〔その1:作成者,罪名,被疑事実の要旨,請求先〕
 10 逮捕状請求書(甲)の記載要領〔その2:被疑者特定の程度〕
 11 逮捕状請求書(甲)の記載要領〔その3:有効期間,引致場所〕
 12 逮捕状請求書(甲)の記載要領〔その4:逮捕の理由及び必要〕
 13 逮捕状請求書(甲)の記載要領〔その5:前の逮捕状の請求又は発付〕
 14 逮捕状請求書(甲)の記載要領〔その6:数通の逮捕状,刑訴法199条1項但書に定める事由〕
 15 逮捕状請求の際に提供すべき資料
 16 逮捕状請求の審査
 17 逮捕状請求の却下と撤回
 18 所在不明の被疑者に対する逮捕状の更新
 19 引致場所変更請求と同請求書の記載要領
 20 緊急逮捕の合憲性
 21 緊急逮捕が許される犯罪
 22 緊急逮捕における犯罪の嫌疑の程度
 23 緊急逮捕における緊急性
 24 緊急逮捕後の逮捕状請求手続
 25 緊急逮捕の必要
 26 緊急逮捕後における逮捕状の請求
 27 逮捕状請求書(乙)の記載要領
 28 逮捕状請求の際に提供すべき資料
 29 緊急逮捕後における逮捕状請求の審査
 30 緊急逮捕した被疑者が逃走した場合と逮捕状請求の要否
 31 現行犯逮捕の要件〔その1:犯罪と犯人の明白性〕
 32 現行犯逮捕の要件〔その2:犯罪の現行性・時間的接着性〕
 33 準現行犯逮捕の要件〔その1:犯罪及び時間的接着性の明白性〕
 34 準現行犯逮捕の要件〔その2:「犯人として追呼されているとき」の意義〕
 35 準現行犯逮捕の要件〔その3:「贓物又は明らかに犯罪の用に供したと思われる凶器その他の物を所持しているとき」の意義〕
 36 準現行犯逮捕の要件〔その4:「身体又は被服に犯罪の顕著な証跡があるとき」の意義〕
 37 準現行犯逮捕の要件〔その5:「誰何されて逃走しようとするとき」の意義〕
第3章 勾 留
 38 勾 留
 39 逮捕前置主義
 40 勾留の理由と必要
 41 勾留の理由〔その1:住居不定〕
 42 勾留の理由〔その2:罪証隠滅のおそれ〕
 43 勾留の理由〔その3:逃亡のおそれ〕
 44 勾留請求の手続
 45 勾留の場所
 46 違法な逮捕と勾留請求
 47 勾留請求却下に対してとり得る措置
 48 勾留期間の延長
第4章 逮捕・勾留に係る諸問題
 49 逮捕・勾留と事件単位の原則
 50 身柄拘束中に逃走した被疑者を再拘束する方法
 51 別件逮捕・勾留
 52 余罪取調べの可否と限界
 53 同一事実による再逮捕・再勾留
 54 常習一罪の各部分についての逮捕・勾留の可否
 55 弁護人らとの接見交通
 56 弁護人ら以外の者との接見交通
 57 少年の逮捕
 58 少年の勾留
 59 外国人の逮捕・勾留
 60 国会開会中の議員の逮捕
第5章 捜索・差押え・検証・身体検査
 61 捜索・差押え・検証・身体検査
 62 令状による捜索・差押え・検証・身体検査の要件
 63 捜索場所の特定
 64 差押えの対象となる物
 65 差押対象物の特定
 66 罪名,罰条の記載
 67 捜索差押許可状への被疑事実の記載
 68 第三者に対する捜索・差押え
 69 郵便物・電信に対する捜索・差押え
 70 差押えの許される証拠物と被疑事実との関連性の程度
 71 場所に対する捜索差押許可状による身体に対する捜索の可否
 72 捜索差押許可状の執行についての必要な処分
 73 検証上必要な処分
 74 検証と実況見分
 75 捜索・差押・検証許可状の請求,身体検査令状の請求
 76 捜索・差押・検証許可状請求書の記載要領
 77 身体検査令状請求書の記載要領
 78 裁判官による捜索・差押え・検証・身体検査の必要性の判断
 79 令状によらない捜索・差押え・検証・身体検査の要件
 80 逮捕現場における捜索・差押え・検証・身体検査〔その1:時間的範囲〕
 81 逮捕現場における捜索・差押え・検証・身体検査〔その2:場所的範囲〕
 82 承諾による捜索・差押え
 83 別件捜索・差押え
 84 同一事実による再捜索・再差押え
 85 報道機関の取材フィルム等に対する捜索・差押え
 86 電磁的記録に係る記録媒体の差押えの執行方法
 87 電気通信回線で接続している記録媒体からの複写(リモート・アクセス)
 88 記録命令付差押え
 89 電磁的記録の保全要請
第6章 鑑定留置・鑑定上必要な処分
 90 鑑定留置
 91 鑑定留置請求上の留意点
 92 鑑定留置期間の延長・短縮
 93 鑑定処分
 94 鑑定処分許可請求書の作成上の留意事項
第7章 捜索・差押え・検証・身体検査・鑑定上必要な処分に係る諸問題
 95 電話等の傍受と令状
 96 強制採尿と令状
 97 強制採血と令状
 98 指紋の採取と令状
 99 体腔に挿入され,又は嚥下された証拠物の押収と令状
 100 毛髪,爪などの強制採取と令状
 101 被疑者不詳と令状請求
 102 死者を被疑者とする令状請求
第8章 その他の諸問題
 103 犯罪人引渡しに係る拘禁・仮拘禁
 104 国際捜査共助等に関する法律による令状請求
 105 没収保全・追徴保全の請求

付 録
 逮捕手続に関するチェックポイント例
 勾留手続に関するチェックポイント例
 捜索・差押え,検証,鑑定等の手続に関するチェックポイント例
判例索引

ページトップへ