書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 単行本・PCソフト > 刑事訴訟法 > Q&A 実例 検証・実況見分・鑑定の実際

Q&A
実例 検証・実況見分・鑑定の実際

自白獲得が困難になりつつある中で,DNA型鑑定を始めとする客観的証拠をいかに適正に収集し,的確に証拠化するか。警察として留意すべき事項等を分かりやすく解説する。

  • 楽天で購入
  • amazonで購入
  • hontoで購入
著者
:さいたま地方検察庁総務部長 中川深雪 編
定価
:¥1,836 (本体 :¥1,700)
ポイント
:17 P
発売日
:2014年02月
ISBN
:978-4-8037-2473-8
Cコード
:C3032
判型
:A5 上製
ページ数
:208
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

書籍についてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

第1 検 証
 1 検証の性質
 2 捜査機関の行う検証
 3 令状に基づく検証(1)――意義、要件
 4 令状に基づく検証(2)――令状の請求
 5 令状に基づく検証(3)――第三者方に対する検証の令状請求
 6 令状に基づく検証(4)――同一場所に対する複数令状の請求
 7 令状に基づく検証(5)――特定場所における写真撮影のための令状の種類
 8 令状によらない検証(1)――刑訴法218条3項による検証
 9 令状によらない検証(2)――刑訴法220条1項2号による検証?
 10 令状によらない検証(3)――刑訴法220条1項2号による検証?
 11 写真・ビデオ撮影
 12 捜索・差押え時における写真撮影
 13 宅配便荷物のエックス線検査
 14 身体検査の意義・限界
 15 強制採尿(1)――意義
 16 強制採尿(2)――強制採尿令状による採尿場所への連行
 17 強制採血
 18 毛髪の強制採取
 19 爪、唾液、その他の体液、嚥下物の強制採取
 20 会話・通信の傍受
 21 逆探知・携帯電話の位置探索
 22 接続サーバ保管の自己作成データの差押え(リモートアクセス)(1)――意義等
 23 接続サーバ保管の自己作成データの差押え(リモートアクセス)(2)――実施上の留意事項
 24 検証調書(1)――作成上の一般的留意事項
 25 検証調書(2)――証拠能力

第2 実況見分
 26 検証と実況見分の異同、実況見分調書の証拠能力
 27 実況見分調書の作成要領(1)――徹底した現場観察の実施
 28 実況見分調書の作成要領(2)――的確な証拠化等
 29 立会人の指示説明
 30 現場指示と現場供述の区別
 31 実況見分調書添付の見取図等の証拠能力
 32 酒酔い・酒気帯び鑑識カードの証拠能力
 33 追尾測定の問題点、速度測定カードの証拠能力
 34 レーダー測定の問題点、速度測定カードの証拠能力
 35 速度違反自動取締装置(オービス?)による測定の問題点、撮影写真の証拠能力
 36 刑訴法323条の趣旨、同条各号書面の具体例
 37 犯行状況を撮影等した写真等の証拠能力
 38 犯行状況再現実況見分調書の証拠能力と再現実況見分の実施要領
 39 録音テープの証拠能力
 40 ビデオテープの証拠能力
 41 パソコン、携帯電話の解析結果報告書の証拠能力
 42 実況見分調書の作成の真正

第3 鑑 定
 43 鑑定の意義
 44 裁判所が行う鑑定と捜査機関が行う鑑定の異同
 45 捜査機関が行う鑑定
 46 鑑定受託者作成による鑑定書の証拠能力
 47 鑑定書の「作成真正」の立証方法
 48 鑑定資料の取扱い(1)――鑑定の信用性が問われやすいケース
 49 鑑定資料の取扱い(2)――採取・保管に当たっての留意事項
 50 鑑定嘱託に当たっての留意点
 51 法医鑑定の意義
 52 死体解剖鑑定書の証拠能力・証明力
 53 診断書等の証拠能力
 54 法医鑑定の再鑑定(1)――再鑑定により無罪となった事件
 55 法医鑑定の再鑑定(2)――再鑑定を踏まえた捜査上の留意事項
 56 ポリグラフ検査の意義
 57 ポリグラフ検査の実施要領(1)――実施上の留意事項
 58 ポリグラフ検査の実施要領(2)――実際の検査の流れ
 59 ポリグラフ検査結果回答書の証拠能力
 60 ポリグラフ検査結果回答書の証明力
 61 声紋鑑定の意義
 62 声紋鑑定書の証拠能力
 63 声紋鑑定書の証明力
 64 顔画像識別鑑定の意義
 65 顔画像識別鑑定書の証拠能力・証明力
 66 臭気選別の意義
 67 臭気選別実施結果報告書の証拠能力・証明力
 68 足跡鑑定の意義
 69 足跡採取の留意点
 70 足跡鑑定書の証拠能力・証明力
 71 指紋鑑定の意義
 72 適正な指紋採取・保全
 73 指紋原紙、現場指紋等採取結果報告書、現場指紋等対照結果通知書の証拠能力
 74 指紋鑑定書の証拠能力・証明力
 75 指紋鑑定書の犯人性に対する証明力
 76 指紋が検出されないことの犯人性立証に対する影響
 77 筆跡鑑定の意義
 78 筆跡鑑定書の証拠能力
 79 筆跡鑑定書の証明力
 80 毛髪鑑定の従来の目的及びこれからの目的
 81 毛髪鑑定の資料の採取
 82 個人識別目的の毛髪鑑定書の証拠能力・証明力
 83 成分分析目的の毛髪鑑定書の証拠能力・証明力
 84 血液鑑定の意義
 85 DNA型鑑定の意義
 86 DNA型鑑定の実施状況及び捜査における活用状況
 87 DNA型鑑定資料の採取――法的観点から
 88 DNA型鑑定資料の採取・保存――実務上の観点から
 89 DNA型鑑定書の証拠能力――総論
 90 足利事件以外にDNA型鑑定書の証拠能力・信用性を否定した判例
 91 DNA型鑑定書(STR法)の証拠能力に関する裁判例(1)――一般論
 92 DNA型鑑定書(STR法)の証拠能力に関する裁判例(2)――資料採取・保存
 93 DNA型鑑定書(STR法)の証拠能力に関する裁判例(3)――鑑定の実施方法等
 94 混合DNAを資料とする鑑定の証明力
 95 精神鑑定の意義及びその証拠能力・証明力

 (参考資料)酒酔い・酒気帯び鑑識カード
  判例索引

ページトップへ