書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 単行本・PCソフト > 生活安全警察 > 性犯罪・児童虐待捜査ハンドブック

性犯罪・児童虐待捜査ハンドブック

二次被害を最小限に留める捜査・公判手続,性犯罪等の特質等について分かりやすく解説し,併せて,真相を解明し,適切な量刑を得るためのポイントを示す。被害者支援にも役立つ。

  • 楽天で購入
  • amazonで購入
  • hontoで購入
著者
:大阪高等検察庁検事 田中嘉寿子 著
定価
:¥2,057 (本体 :¥1,905)
ポイント
:20 P
発売日
:2014年01月
ISBN
:978-4-8037-0720-5
Cコード
:C3032
判型
:A5 並製
ページ数
:328
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

書籍についてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

はしがき
凡 例

第1章 性犯罪捜査の意義
 第1 性犯罪の「厳罰化」
 第2 性犯罪の暗数
 第3 被害者に対する二次被害防止の必要性
 第4 性被害者の心理
 
第2章 性犯罪捜査における一般的留意点
 第1 被害者と被疑者に面識がない場合の性犯罪捜査における一般的留意点
 第2 被害者と被疑者との間に面識がある場合
 第3 その他の捜査上の留意点
 第4 被疑者が少年の場合

第3章 被害者の特性に応じた性犯罪捜査における留意点
 第1 被害者が幼児の場合
 第2 被害者が被害時に13歳未満の場合
 第3 被害者が被害時に18歳未満の場合
 第4 被害者が被害時に18歳以上の場合
 第5 被害者に発達障害(の疑い)がある場合
 第6 被害者に知的障害がある場合
 第7 被害者に精神障害がある場合
 第8 被害者が男性である場合

第4章 罪名ごとの性犯罪捜査における留意点
 第1 強制わいせつ(刑法176条)
 第2 強姦(刑法177条) 
 第3 準強制わいせつ・準強姦(刑法178条1項・2項)
 第4 集団強姦・集団準強姦(刑法178条の2)
 第5 強制わいせつ致傷・強姦致傷(刑法181条)
 第6 強盗強姦(刑法241条前段)・強盗強姦致死(同条後段)
 第7 児童福祉法違反(淫行〔同法60条1項,34条1項6号〕)
 第8 児童ポルノ法違反
 第9 迷惑防止条例違反
 第10 青少年健全育成条例違反 

第5章 不起訴
 第1 不起訴処分の意義
 第2 不起訴処分の種類
 第3 被害者に対する不起訴処分の説明
 第4 嫌疑不十分となる場合 

第6章 児童虐待の捜査・公判における留意点
 第1 児童虐待総論
 第2 身体的虐待の事件
 第3 性的虐待
 第4 事 例
 事例1 小学生の娘に対する強制わいせつ事件
 【全面否認事件で,客観証拠に乏しく,幼児である被害者の供述が立証の柱である事例】
 事例2 中学生の娘に対する強姦・児童ポルノ製造・強要事件
 【被害者が裸体のまま笑顔で加害者と写っている写真を児童ポルノとして性的虐待を認めた事例】
 事例3 高校生の娘に対する強姦事件
 【非虐待者である被害者家族の支援が必要な事例】
 事例4 高校生の娘に対する強姦事件
 【性的逸脱行動のある被害者の供述の信用性が問題とされる事例】
 事例5 男性による男児に対する児童福祉法違反(淫行)事件
 【スポーツ指導者による複数の少年に対する性的虐待】
 第5 家庭裁判所への児童福祉法28条請求等との関係

第7章 検察庁の被害者支援
 第1 総 論
 第2 被害者等通知制度
 第3 捜査段階における性被害者への配慮
 第4 公判段階における被害者への配慮
 第5 その他の公判における被害者への支援
 第6 被害者参加制度(法316条の33?39)
 第7 控訴審における被害者支援
 第8 上告審
 第9 判決確定後

第8章 弁護人及び裁判所の被害者対応
 第1 弁護人の被害者対応
 第2 裁判所の被害者対応

第9章 性犯罪者の再犯防止施策
 第1 刑務所における性犯罪者処遇プログラム
 第2 保護観察所における性犯罪者処遇プログラム
 第3 民間における「性依存症」治療

別添 全国の性暴力被害者支援センター(平成25年9月現在のHP等情報)
参考図書・資料
あとがき
判例索引

ページトップへ