書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 単行本・PCソフト > 生活安全警察 > 少年簡易送致事件の一件書類作成要領

少年簡易送致事件の一件書類作成要領

【部内用図書】
・この書籍は書店ではご購入いただけません。
・送付はご所属先のみとなります。

少年事件の中で圧倒的に多い簡易送致事件につき,事例を掲げ,送致に必要な一件書類の記載例を収録した。限られたスペースの中で,必要かつ十分な内容を記載する要領が摑める。

著者
:少年実務研究会 編著
定価
:¥1,851 (本体 :¥1,714)
ポイント
:18 P
発売日
:2013年12月
ISBN
:書店不扱:管理コード9922
Cコード
判型
:A5 並製
ページ数
:176
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

書籍についてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

はしがき

第1 総 論
1 沿 革
2 簡易送致適用基準
 (1) 実質的要件
 (2) 形式的要件
 (3) 簡易送致の適否の判断
 (4) いわゆる年齢切迫事件を簡易送致することの可否及び送致時の留意点
3 送致区分
4 万引き事件を簡易送致する場合の留意事項
5 簡易送致で作成・送致する書類及び作成に当たっての留意事項
 (1) 検察官に送致する事件
 (2) 家庭裁判所に送致する事件
 (3) 添付書類
 (4) 書類作成上の留意事項
 (5) 書類の編てつ要領
6 書類の具体的作成要領
 (1) 「少年事件簡易送致書・捜査報告書(検察官送致)」及び「少年事件簡易送致書・捜査報告書(家裁送致)」の作成要領
 (2) 「供述調書」の作成要領
 (3) 「被害届、任意提出書、領置調書、被害品確認・還付請書」の作成要領
 (4) 「現場・被害額確認報告書」の作成実施要領
? 「捜査報告書」の作成要領
7 簡易送致の適用に関して注意すべき点
 (1) 適正かつ迅速な事件選別及び処理
 (2) 各種照会の徹底
 (3) 補充捜査への対応
 (4) 犯罪少年に対する再非行防止のための適切な補導

第2 想定事例と書類作成例
1 検察官送致事件
 想定事例1 自転車盗
 想定事例2 無賃乗車
 想定事例3 無銭飲食
 想定事例4 占有離脱物横領(自転車)
 想定事例5 遺失物横領(Suica)
 想定事例6 盗品等譲受け(万引き被害品の譲受け)
 想定事例7 暴 行
 想定事例8 脅 迫
 想定事例9 万引き
 想定事例10 自転車盗(共犯)
 想定事例11 占有離脱物横領と盗品譲受け等
2 家庭裁判所送致事件
 想定事例12 軽犯罪法違反(凶器携帯)

ページトップへ