書籍を探す

カテゴリ
キーワード

新 捜査報告書記載要領

捜査情報が活かせる捜査報告書の書き方と,各種記載例166事例を掲載。裁判員裁判の開始等に伴い新たな事例を登載し,分かりやすい捜査報告書とするための解説を適宜付した。

  • 楽天で購入
  • amazonで購入
  • hontoで購入
著者
:司法研修所教官・検事 津田敬三 編著
定価
:¥2,263 (本体 :¥2,095)
ポイント
:22 P
発売日
:2010年04月
ISBN
:978-4-8037-4248-0
Cコード
:C3032
判型
:A5 並製
ページ数
:304
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

書籍についてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

第1編 捜査報告書作成要領
 第1章 捜査報告書の意義と重要性
 第2章 パソコンを使用して捜査報告書を作成する場合
 第3章 捜査報告書の記載内容
 第4章 捜査報告書の証拠能力
 第5章 捜査報告書作成上の留意点
第2編 捜査報告書記載例
 第1章 捜査の端緒に関する捜査報告書
 第2章 犯罪の特定に関する捜査報告書
 第3章 犯罪の裏付けに関する捜査報告書
 第4章 写真撮影・複写報告書
 第5章 捜査の適正に関する捜査報告書
 第6章 総合判断・経過に関する捜査報告書
 第7章 証拠品等に関する捜査報告書
 第8章 変更・訂正・連絡等に関する報告書
 第9章 規定書式報告書

第1章 捜査の端緒に関する捜査報告書
 犯罪事実現認報告書 ◎警ら中、人だかりにより暴行を聞知し、被疑者、被害者を任意同行した事例
 犯罪事実現認報告書 ◎「酔っ払いが騒いでいる。」との訴出を受け現場に臨場し、乱暴な被疑者を任意同行した事例
 犯罪事実現認報告書 ◎警ら中、暴力団員風の男を職務質問したところ、正当な理由がないのに特殊警棒を携帯していたので軽犯罪法違反(1条2号)の容疑と判明し、本署に任意同行した事例
 犯罪事実現認報告書 ◎警ら中、承諾を受けないでピンクカードを配る目的でマンションに立ち入った男を発見し、職務質問した結果、管理者の許可を得ていない事実が判明したので、軽犯罪法違反(1条32号)の容疑で本署に任意同行した事例
 犯罪事実現認報告書 ◎警ら中、電柱に許可を得ずビラを貼っている男を現認し、軽犯罪法違反(1条33号)の容疑で検挙した事例
 犯罪事実現認報告書 ◎警ら中、電柱にビラを貼っている男を現認、職務質問後、軽犯罪法違反(1条33号)の容疑と判明し本署に任意同行した事例
 職務質問実施報告書 ◎緊急配備に従事中、自転車に乗っている男を職務質問し、自転車の盗品等照会を実施した結果、盗難品であることが判明したが、窃取場所が異なったため占有離脱物横領の被疑者として検挙した事例
 任意同行状況報告書 ◎スーパーマーケットの店員より不審者がいるとの通報を受け、店内で監視中、万引きを現認して任意同行した事例
 現認状況報告書 ◎警ら中、一方通行路を逆行してきた車両を認め、職務質問しようとしたところ、後退して歩行者に接触させた上逃走したので追跡し、酒気帯び運転の事実が判明したので同事実で現行犯逮捕した事例
 犯罪捜査報告書 ◎立番勤務中、被害者からの届出を受理し、同人の指示に基づき被疑者を発見、自供を得て軽犯罪法違反(1条28号)の容疑で本署に任意同行した事例
 現行犯逮捕状況報告書 ◎傷害事件の急訴を受け現場に急行し、暴力団員を現行犯逮捕した事例
 現行犯逮捕状況報告書 ◎張込み警戒中、駐車中の車からコンパクトディスクを盗み出した現場を目撃して現行犯逮捕した事例
 事件現認捜査報告書 ◎窃盗常習者に対し、尾行、張込みを継続実施し、犯行現場を現認したが、逃走したため強制捜査の必要性があるとした事例
 緊急逮捕状況報告書 ◎他署管内で発生した路上強盗事件の被害品(男物腕時計)を所持していた男を発見、追跡、職務質問し緊急逮捕した事例
 検挙状況報告書 ◎警ら中、極度に狼狽した男を職務質問、所持品検査したところ、大金及びコインロッカーの鍵を所持していたため更にロッカーを確認し、多額の現金を認めたので、本署へ任意同行の上追及の結果、強盗の被疑者と認めた事例
 職務質問実施報告書 ◎人相着衣が被疑者と類似する者を職務質問して任意同行し、刑事課員に引き継いだ事例
 職務質問実施報告書 ◎夜間、挙動不審者を職務質問したところ、所持品の出所等の返答に窮していたので窃盗被疑者と認め本署へ任意同行、刑事課員に引き継いだ事例
 職務質問実施報告書 ◎警ら中、鍵束を所持した不審者を職務質問し、追及により窃盗の被疑事実の自供を得て被疑者と認めた事例
 事件発生報告書 ◎交番で見張り勤務中、急訴を受け現場に急行、殺人事件発生の日時、場所及び関係者を報告した事例
 110番通報受理報告書 ◎事件の端緒として、殺人事件の現場で死体を発見した者が110番通報した際の通報内容を報告した事例
 110番通報状況報告書 ◎殺人事件につき、110番通報した者から通報するに至った経緯や通報時の状況について聴取した事例
 任意同行捜査報告書 ◎傷害事件の被害者を事情聴取中、被疑者を発見したが逃走したため追跡し事情聴取後、任意同行した事例
 事件発生報告書 ◎物損事故の通報に基づいて現場に急行し、当事者から事情聴取した結果、衝突事故に絡んだ暴行事件であることが判明した事例
 任意同行捜査報告書 ◎立番勤務中けんかの通報を受け、現場急行して聞込み捜査した結果、けんかの当事者が判明し傷害事件として検挙した事例
 事件捜査報告書 ◎目撃者からの届出を受けて現場急行し、同人からの指示に基づいて現場付近にいた男を検挙した事例
 事件捜査報告書 ◎スーパーの保安係から万引きの犯人を捕まえているとの通報を受理し、被疑者の引渡しを受けて検挙した事例
 身柄引受報告書 ◎ぱちんこ店内において外国人の窃盗(ゴト師)被疑者を私人が現行犯逮捕し、身柄を引き受けた事例
 事件捜査報告書 ◎当直勤務中、通信指令課からの通報で現場急行し、関係者から事情聴取した結果、恐喝事件と判明した事例
 事件捜査報告書 ◎占有離脱物横領(自転車)被疑者を検挙、取調べ中覚せい剤の使用容疑があるとの連絡を受け、尿の任意提出を受けたところ事実が判明し、強制捜査の必要性ありとした事例
 事件捜査報告書 ◎覚せい剤密売事件の内偵捜査中に密売人と接触した客に対して職務質問を行い、覚せい剤所持事実が判明した事例
 検挙経過報告書 ◎国際郵便物内に覚せい剤が隠匿されていることが税関検査で発覚し、共同捜査本部を設置してコントロールド・デリバリー捜査を行い被疑者を検挙した事例

第2章 犯罪の特定に関する捜査報告書
 事件捜査報告書 ◎被害者宅の実況見分の実施と指紋採取及び指掌紋の符合により勾留中の被疑者に対するピッキング用具使用空き巣容疑の強制捜査を求めた事例
 被疑者割出し捜査報告書 ◎恐喝被害者の供述から、被疑者の内偵を行い、被害者が写真により被疑者を確認したため、被疑者を逮捕し捜査する必要があるとした事例
 被疑者割出し捜査報告書 ◎窃盗被疑事件の盗品捜査中、質店にて被害品を発見、確認後入質者を捜査照会し、被疑者であることが判明した事例
 被疑者割出し経過捜査報告書 ◎サラ金強盗犯が遺留した自動車内より免許証を発見し、照会の結果、人相等が被疑者と同一であると認められた事例
 強制捜査の必要性についての捜査報告書 ◎覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕した被疑者の自供により、譲り渡した相被疑者が判明、身柄確保による事犯解明の必要性ありとした事例
 事件捜査報告書 ◎匿名申告により、競馬法違反(ノミ行為)被疑者を逮捕、自供により共犯者を割り出し強制捜査の必要性があるとした事例
 事件捜査報告書 ◎逃亡中の覚せい剤取締法違反被疑者を逮捕、取り調べたが事実関係を否認しているため、被疑者、情婦の住居等の捜査、捜索の必要性を認めた事例
 聞込み捜査報告書 ◎殺人被害者の足取りについて聞込み捜査中、出入りの喫茶店ウェイトレスより被害者同伴の男についての情報提供を受けた事例
 聞込み捜査報告書 ◎窃盗(忍込み)事件の被害品の処分に関して、巡回連絡中古物商等を聞込み捜査した結果、被疑者を割り出した事例
 被害品発見報告書 ◎被害品発見の捜査を行い、質店で被害品と酷似するものを発見し、保証書により確認した事例
 盗難品発見報告書 ◎自動車盗の届出を受理して捜査中、被害車両を発見した事例
 遺留品捜査報告書 ◎強盗被疑事件の遺留品である刺身包丁の出所捜査を行い、購入者の人相等が判明した事例
 被害時刻特定捜査報告書 ◎窃盗被疑事件の110番受理時刻及び被害者の被害発見時刻等により事件発生時刻を特定した事例
 入質捜査報告書 ◎空き巣事件の被害品の一部が入質されている事実を、特徴、入質票の指紋により、確認した事例
 入質捜査報告書 ◎空き巣事件の盗品を入質処分した名義人を捜査した結果、窃盗被害者であることが判明した事例
 被害品発見報告書 ◎窃盗(万引き)事件で被疑者が所持していたビニール袋内に被害品の正札が入っているのを発見した事例
 被疑者特定報告書 ◎盗難被害現場にて採取した指紋が鑑識課からの回答により窃盗前科者の指紋と一致したため、被疑者を逮捕する必要性があるとした事例
 被疑者判明報告書 ◎被害者の訴出により、聞込みを行い署鑑識係保管の写真を被害者に鑑別させて被疑者が判明した事例
 大麻予試験結果報告書 ◎被疑者方を捜索中、大麻様の物を発見したため、予試験を行った事例
 覚せい剤予試験結果報告書 ◎職務質問の際に発見した覚せい剤について、予試験を行った事例
 尿中覚せい剤予試験結果報告書 ◎職務質問から尿の任意提出を受け、その尿の予試験を行った事例
 解剖立会報告書 ◎殺人事件被害者の死体解剖に立ち会った事例
 変死体発見及び検分報告書 ◎届出により変死体を検分した結果、死体の状況により他殺の疑いがあるとした事例
 死体検分状況報告書 ◎自転車にて走行中、友人が川に転落し行方不明になったとの届出により、臨場したところ死体が確認された事例
 余罪判明捜査報告書 ◎不正電磁的記録カード供用被疑者を取り調べたところ、新たに出入国管理及び難民認定法違反事犯が余罪として判明した事例
 余罪判明捜査報告書 ◎現行犯人逮捕時に被疑者の所持品を追及した結果、他の窃盗事件が判明した事例

第3章 犯罪の裏付けに関する捜査報告書
 引当たり捜査報告書 ◎逮捕被疑者(窃盗)の自供を得て、犯行現場の引当たり捜査を実施して犯行現場の確認を得た事例
 足取り捜査報告書 ◎強盗被疑者の犯行後の足取りにつき、自供に基づき裏付け捜査を行った事例
 盗品捜査報告書 ◎窃盗被疑者の自供を得て盗品の売却先を捜査し、買受けの事実が判明、任意提出を求め、領置した事例
 裏付け捜査報告書 ◎横領被疑者の自供により現金貸与の裏付け捜査を実施したが、事実関係のないことが判明した事例
 裏付け捜査報告書 ◎被疑者が犯行に使用した公衆電話の電話番号について裏付け捜査した事例
 裏付け捜査報告書 ◎被疑者が変造されたテレホンカードを使用して通話した架電先を、取調べによって明らかにした事例
 裏付け捜査報告書 ◎不正電磁的記録カード供用事件について証拠品である通話記録を差し押さえる必要性があるとした事例
 裏付け捜査報告書 ◎被疑者が変造テレホンカードを使用して、本国(中国)に架電した通話先について裏付け捜査した事例
 裏付け捜査報告書 ◎恐喝事件被疑者が犯行に使用した携帯電話のメモリー内の電話帳データを精査し、被害者の連絡先を確認した事例
 裏付け捜査報告書 ◎被疑者が使用していた携帯電話のデータを吸い上げて精査した事例
 裏付け捜査報告書 ◎窃盗被疑者が犯行現場に行く際、乗車していた車両についての裏付け捜査を行った事例
 身元確認報告書 ◎密輸品販売の関税法違反被疑者の外国人登録と住居関係、写真を区役所に照会し回答を得た事例
 名称、所在地、地番捜査報告書 ◎強制わいせつ被疑者が被害者を連れ出した公園について、管轄する交番に照会し、公園の名称、所在地、地番の捜査をした事例
 確認捜査報告書 ◎詐欺事件被害者を同道させ、犯行場所複数を確認し、名称及び所番地を調査した事例
 犯行場所確認結果捜査報告書 ◎詐欺被疑者を逮捕勾留中、自供に基づき犯行場所を確認、管轄交番にて地番を確認した事例
 住居確認捜査報告書 ◎覚せい剤取締法違反の罪で逮捕中の被疑者の供述に基づき、住民登録、住居の確認をした事例
 身元判明捜査報告書 ◎現行犯逮捕された外国人被疑者について、市役所で調査した結果、身元が判明した事例
 人定確認捜査報告書 ◎外国人窃盗被疑者について、同人が所持していた外国人登録証明書と運転免許証により人定確認ができた事例
 所持品捜査報告書 ◎現行犯人逮捕された窃盗被疑者の所持品であるキャッシュカードの残高につき裏付け捜査した事例
 所有者捜査報告書 ◎窃盗被疑者が使用していた車両の所有者を捜査した事例
 引当たり捜査報告書 ◎被疑者の犯行場所である公衆電話ボックスについて、引当たり捜査した事例
 就学状況捜査報告書 ◎被疑者の余罪である出入国管理及び難民認定法違反事件について取調べ中、来日目的が就学であったことから就学状況の裏付け捜査をした事例
 車当たり捜査報告書 ◎恐喝事件について被害者が申し立てた被疑車両について車当たり捜査を実施した事例
 鑑定資料採取報告書 ◎殺人事件について凶器であるナイフから血痕を採取した事例
 鑑定資料採取報告書 ◎DNA型鑑定の対照資料として、被害者から口腔内細胞の任意提出を受けて領置した事例
 鑑定結果報告書 ◎殺人事件の凶器のナイフから採取した血痕のDNA型鑑定の結果について、被疑者及び被害者双方のDNA型と一致する血痕であったという事例
 照会結果報告書 ◎被疑者の金融機関口座を精査した結果、事件と関連する入金事実が判明した事例

第4章 写真撮影・複写報告書
 写真撮影報告書 ◎恐喝事件について、被害者が運転乗車していた車両を撮影した事例
 写真撮影報告書 ◎殺人事件につき、被疑者立会いで現場の写真を撮影した事例
 写真撮影報告書 ◎公衆電話用カード自動販売機を破壊して現金等を窃取しようとした状況を写真撮影した事例
 写真撮影報告書 ◎ぱちんこ店において、被疑者らが不正にぱちんこ玉を窃取した台等を写真撮影した事例
 写真撮影報告書 ◎窃盗被疑者らを逮捕した際、それぞれのぱちんこ台の受け皿にあったぱちんこ玉の状況を写真撮影した事例
 写真撮影報告書 ◎汚水処理場建設阻止行動の集会状況をデモ行進の進行に合わせて写真撮影した事例
 写真撮影報告書 ◎郵便局において発生した窃盗事件(キャッシュカード使用)について、証拠品の写真撮影をした事例
 領置物写真撮影報告書 ◎業務上横領被疑事件被害者より任意提出を受け、領置した手形帳の支払控え部分を写真に撮影した事例
 写真撮影報告書 ◎傷害事件の被害者の指示説明に基づいて、被疑者に待ち伏せされた地点、暴行を受けた地点等について写真撮影をした事例
 写真撮影報告書 ◎傷害事件の被害者の指示説明に基づいて、犯行現場の特定状況を写真撮影した事例
 写真撮影報告書 ◎簡易キットを使って覚せい剤の予試験を行っている状況を写真撮影した事例
 複写作成報告書 ◎業務上横領被疑事件の被疑者に関係する送致済み事件の供述調書の写しを作成した事例
 複写作成報告書 ◎結婚詐欺事件の被害者が日記に記載した詐欺行為の経過を、抜き書きして提出した事例
 領置物複写報告書 ◎詐欺事件の被疑者が騙し取って、現金を引き下ろした銀行通帳を任意提出により領置して複写した事例
 旅券複写報告書 ◎出入国管理及び難民認定法違反被疑者から任意提出を受けた旅券を複写した事例

第5章 捜査の適正に関する捜査報告書
 取調べ状況報告書
 余罪関係報告書
 取調べ立会状況報告書 ◎妻子殺害事件の被疑者取調べに立ち会い、具体的供述を得られなかった事例
 取調べ立会状況報告書 ◎住居侵入被疑事件で逮捕した被疑者を取り調べたが、黙秘して具体的な供述を得られなかった事例
 取調べ状況捜査報告書 ◎道路交通法違反(酒酔い運転)の事実について供述を転々と変えて否認した事例
 取調べ状況捜査報告書 ◎道路交通法違反(無免許運転)の取調べ中、無免許運転は認めたが、常習性を否認した事例
 取調べ状況捜査報告書 ◎被害者が幼少のため被害者調書が作成できなかった事例
 調書未作成報告書 ◎交通事故の参考人が多忙等のため未出頭で、参考人供述調書を作成できなかった事例
 調書作成不能報告書 ◎参考人調書が作成できなかった事例
 現場状況報告書 ◎常人が窃盗被疑者を現行犯人逮捕した際の逮捕時の状況事例
 弁解録取書作成状況報告書 ◎逮捕した外国人被疑者について、電話と口頭で2通弁解録取書を作成した事例
 弁解録取書作成不能報告書 ◎逮捕した外国人被疑者について、通訳人の確保ができず、弁解録取書の作成が不能だった事例
 録音採取報告書 ◎株主総会における一部総会屋の抗議発言を録音採取した事例
 警告広報実施状況報告書 ◎集会とその後のデモ行進の警備に際し、通行車両に対する迂回措置、及び駆け足行進の違法警告をした事例
 現行犯人逮捕協力状況報告書 ◎集会で、警備警察官に対し暴行を行った集会参加者を公務執行妨害罪で現行犯逮捕した際、付近の参加者が妨害したので逮捕に協力した事例

第6章 総合判断・経過に関する捜査報告書
 初動捜査状況報告書 ◎通報による猟銃使用郵便局強盗事件の受理、初動措置、捜査体制、犯行状況聴取状況等の報告事例
 総合捜査報告書 ◎多額宝石窃盗事件捜査で、質店、宝石店への聞込み捜査、さらに入質者の指紋の照合により被疑者を特定、逮捕状の発付を求めた事例
 総合捜査報告書 ◎強姦致傷事件捜査に当たり、警察犬により凶器(包丁)及び足跡を発見し、職務質問により不審者を任意同行し取り調べ、いったんは帰宅させたが凶器付着の指紋等の符合により不審者を被疑者と断定、逮捕状を求めた事例
 逮捕状請求捜査報告書 ◎窃盗(空き巣)事件の届出を受理して捜査中、窃盗前歴者が実名で質店に被害品を入質しているのを発見、取引カードの名下指紋と犯行現場の指紋が一致したことから、被疑者を特定して、逮捕状の発付を求めた事例
 強制捜査必要性捜査報告書 ◎キャッシュカードを窃取され郵便局の現金自動預払機より現金を引き出された旨の窃盗事件を受理して捜査中、防犯ビデオの再生写真を被害者に閲覧させた結果、被疑者が判明、強制捜査をする必要があると判断した事例
 捜査経過報告書 ◎窃盗被疑者について逮捕状の発付を得て追跡捜査を行ったが、有効期間内に被疑者を逮捕することができず、引き続いて逮捕状の発付を得て捜査をする必要性がある事例
 捜査経過報告書 ◎窃盗被疑者について逮捕状の発付を得て、立回り予想先の捜査を行ったが、逮捕状の有効期間内に被疑者を逮捕することができず、引き続いて逮捕状の発付を得て捜査する必要性がある事例
 捜査経過報告書 ◎逮捕状の発付を得て被疑者を追跡捜査したが、その有効期間内に逮捕に至らないので、再度発付を受けて引き続き追跡する必要を認めた事例
 捜査経過報告書 ◎被害者から恐喝事件の届出を受理して捜査中、警察の動きを察知した被疑者が出頭したので、任意で事件処理した事例
 捜査経過報告書 ◎通報により交通事故発生現場に臨場し、被害者死亡を確認、目撃者の事情聴取によりひき逃げ事件であることが判明した事例
 総括捜査報告書 ◎死亡ひき逃げ事件を捜査し、目撃者証言及び被疑車両の遺留品、塗膜片、ライト破片の鑑定識別等により、被疑者を特定した事例

第7章 証拠品等に関する捜査報告書
 遺留品発見報告書 ◎傷害事件被疑者が凶器として使用し、遺留した看板を発見した事例
 盗品等発見捜査報告書 ◎質店への立入捜査によって、盗品であるカメラを発見した事例
 証拠品領置状況報告書 ◎窃盗被疑者が所持していた証拠品について、任意提出を受け領置した事例
 領置経過報告書 ◎被疑者の身元を確認すべく、被疑者の友人から被疑者のパスポートの任意提出を受け領置した事例
 領置経過報告書 ◎出入国管理及び難民認定法違反事件について、被疑者からパスポートの任意提出を受け領置した事例
 領置経過報告書 ◎不正電磁的記録カード供用の被疑者が所持していた変造テレホンカードの任意提出を受け領置した事例
 所持金品確認報告書 ◎逮捕された被疑者が所持していた金品について確認した事例

第8章 変更・訂正・連絡等に関する報告書
 犯罪事実の一部訂正報告書 ◎殺人事件において捜査の結果死因が確定され、犯罪事実に変更があった事例
 犯罪事実の一部訂正報告書 ◎引当たりの結果、送致事実の日時場所の相違が判明した事例
 身上関係訂正報告書 ◎本籍と氏名が本人申立てのそれと相違していることが判明した事例
 本籍住居訂正報告書 ◎電話により身上関係照会を行ったところ、生年月日、住所、氏名中の一部が食い違っていることが判明した事例
 住所変更報告書 ◎被疑者の母親より転居した旨の連絡があった事例
 本籍住所訂正報告書 ◎氏名住所中の一部(住所、生年月日)に本人の供述と相違があることが判明した事例
 本籍住居変更報告書 ◎被疑者が記憶を喪失している事情を区役所係員に説明して本籍の照会をした事例
 事件送致遅延報告書 ◎歩行困難で付添いがなかなか得られず、被害者の調書作成、診断書の提出が遅れて事件の立件送致が遅れた事例
 事件送致遅延報告書 ◎目撃者が出頭依頼になかなか応じず、遅延した事例
 事件送致遅延報告書 ◎被害者、目撃者が出頭要請に容易に応じず、遅延した事例
 事件送致遅延報告書 ◎被害者が負傷、入院中のため遅延した事例
 事件送致遅延報告書 ◎被疑者・被害者の供述の食い違いにより、鑑定に日数を要したため遅延した事例
 事件送致遅延報告書 ◎被害者が出頭要請に応じず、診断書の提出もなく遅延した事例
 事件送致遅延報告書 ◎少年の年齢を看過したまま送致が遅れ、成人となった後に気付いて遅延送致した事例
 実況見分等遅延報告書 ◎被疑者、被害者の不出頭で実況見分が遅延した事例
 余罪追送致報告書 ◎現行犯人として逮捕された被疑者を取り調べたところ更に余罪が数件あるとの自供を得て追送致した事例
 傷病名変更報告書 ◎被疑者の申立てで担当医師を事情聴取した事例
 保護者特定報告書 ◎会社社長を事実上の保護者と認めた事例
 勾留依頼報告書 ◎関係者と思われる者が逃走しており、更に捜査を尽くす必要のある事例
 勾留依頼報告書 ◎被疑者が犯意を否認し虚偽の申立てをしているため捜査未了の事例
 勾留依頼報告書 ◎重大事案で捜査未了の事例
 勾留依頼報告書 ◎釈放されれば相互に通謀し証拠隠滅のおそれがある事例
 勾留依頼報告書 ◎余罪を多数自供し、犯行場所が広域であるので捜査の必要がある事例
 勾留依頼報告書 ◎精神障害の疑いがあり、被疑者及び家族等の病歴等について捜査を尽くす必要がある事例
 勾留依頼報告書 ◎共犯者の割出し並びにその取調べ、被疑者の再取調べが必要である事例
 勾留依頼報告書 ◎犯行現場への引当たり捜査を行う必要がある事例
 勾留依頼報告書 ◎抵抗し逃走まで企てており、住居不安定であって逃亡のおそれのある事例
 勾留依頼報告書(少年) ◎未成年者で、更に身上関係、本件違反について捜査を尽くす必要がある事例
 勾留依頼報告書(少年) ◎捜査に支障を生じるおそれがあるので、少年房の設備のある警察署に勾留依頼した事例
 勾留依頼報告書(少年) ◎重大事案で更に捜査の必要があり、警察署に勾留依頼した事例
 勾留依頼報告書(少年) ◎暴走族構成員で犯行を一部否認し、警察署に勾留依頼した事例

第9章 規定書式報告書
 捜査関係事項照会書 ◎被疑者の外国人登録の有無等を市役所に照会し、回答を得た事例(1)
 捜査関係事項照会書 ◎被疑者の外国人登録の有無等を市役所に照会し、回答を得た事例(2)
 犯罪事実現認報告書 ◎軽犯罪法違反犯罪事実現認報告書

ページトップへ