書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 単行本・PCソフト > 生活安全警察 > 少年事件捜査等一件書類作成の手引き 犯罪・触法・ぐ犯・不良行為少年の措置要領 〔第四版〕

少年事件捜査等一件書類作成の手引き
犯罪・触法・ぐ犯・不良行為少年の措置要領 〔第四版〕

【部内用図書】
・この書籍は書店ではご購入いただけません。
・送付はご所属先のみとなります。

事件送致区分に従った具体的措置要領と,万引き,ひったくりなどの想定事例に基づく具体的書類記載例で構成。万引き専用被害届の新設等に伴う第四版。

著者
:少年実務研究会 編著
定価
:¥1,749 (本体 :¥1,619)
ポイント
:17 P
【在庫僅少】
発売日
:2011年07月
ISBN
:書店不扱:管理コード9903
Cコード
判型
:A5 並製
ページ数
:192
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

書籍についてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

第1章 捜査書類の作成
 第1 捜査書類の一般的要件
  1 作成年月日の記載
  2 作成者の署名・押印
  3 公官署の表示
  4 毎葉の契印
  5 文字の改変
  6 公務員以外の者(私人)が作成する書類
 第2 捜査書類作成上の留意事項
 第3 パソコン等を使用して捜査書類を作成する場合の留意事項
  1 一般的留意事項
  2 供述調書作成における留意事項

第2章 少年事件等の具体的措置要領
 第1節 少年事件の送致
 第2節 事件送致(付)の区分
 第1 犯罪少年の事件送致(付)の区分
  1 禁錮以上の刑に当たる事件(少年法40条,刑事訴訟法246条,犯罪捜査規範210条1項)
  2 罰金以下の刑に当たる事件
  3 関連事件の送致(付)
  4 年齢切迫少年の送致(付)
  5 勾留請求を求める少年被疑者の送致(付)
  6 共通証拠物の取扱い
  7 簡易送致
 第2 触法事案の処理
  1 触法少年
  2 触法少年事件の調査
  3 触法少年事件の処理要領
 第3節 ぐ犯少年の処理
 第1 ぐ犯少年保護制度
  1 ぐ犯少年保護制度の趣旨
  2 ぐ犯少年の意義
 第2 ぐ犯要件
  1 ぐ犯自由
  2 ぐ犯性
  3 要保護性
 第3 ぐ犯事案の処理
  1 ぐ犯調査
  2 ぐ犯調査の基本
  3 調査すべき事項
  4 ぐ犯少年の送致・通告
  5 少年についての緊急措置
  6 ぐ犯事実と犯罪(触法)事実が競合する場合
  7 所持物件の処理
 第4節 不良行為少年の補導活動
 第1 不良行為少年の意義
 第2 不良行為少年取扱いの基本
 第3 不良行為少年の措置
  1 少年補導の法的根拠
  2 現場限りの措置
  3 連絡措置
  4 引き渡し
  5 所持物件の措置
  6 少年補導票の作成

第3章 事件送致記録等参考事例
 想定事例1 窃盗(万引き)常人逮捕
 想定事例2 窃盗(ひったくり)通常逮捕
 想定事例3 窃盗(万引き)簡易送致
 想定事例4 触法少年による窃盗(万引き)児童通告
 想定事例5 ぐ犯送致
 想定事例6 少年補導(深夜徘徊)

ページトップへ